Home

一人当たりの乗り合いバスの利用など/横浜市交通政策推進協議会から

みなさま、県民一人当たりの乗り合いバスの利用が最も多い都道府県はどこかご存じでしょうか? なんとわが横浜がある神奈川県です。全国平均の34回/人・年に比べ74回/人・年で2倍以上です。ちなみに2位は京都の73回です。(平成28年度実績から)

情報の元ネタは横浜市交通政策推進協議会での神奈川県バス協会からの情報提供です。また神奈川県タクシー協会からは4月スタートのタクベル(https://taxibell.jp/)というタクシー呼び出しアプリの神奈川県下統一アプリについて情報提供がありました。位置情報とリンクさせると近くを走っている空車のタクシーの位置と会社名がわかり、また今いる場所に何分で呼び出せるかがわかる便利なアプリです。興味深い内容でした。

横浜市からの情報提供がもちろん多いのですが、国からの情報提供も、市民からの情報提供もある、充実の会議です。行政・事業者・市民が対等の立場で議論できる場を持つ自治体はまだまだ少ないです。横浜市交通政策推進協議会は一般の人も傍聴が可能で、資料・議事録も公開されます、情報満載ですのでぜひ一度御覧ください。

第17回横浜市交通政策推進協議会

 

広告
Posted in: コラムコラム:一人当たりの乗り合いバスの利用など はコメントを受け付けていません。